歯医者の一般歯科

ホームへ戻る >  歯科医院のメンテナンス保障  > 歯医者の一般歯科

歯石歯医者と言って、一番最初に思いつくのが、一般歯科だと思います。一般歯科では、主に虫歯の治療をしてくれたり、歯石を取り除いてくれたり、歯磨きの仕方を教えてくれたりします


。歯が痛くなったら、虫歯である可能性が高くなるので、一般歯科を受診して治療するようにしましょう。また、一般歯科では、定期健診も行うことができます。定期健診は、虫歯の早期発見にも繋がるので、時間がある人には、是非行ってもらいたいことになります。定期的に歯医者に通うことによって、虫歯から歯を守ることができます。


一般歯科で歯を見てもらい、主に虫歯の進行が一番早い順に治療を行っていきます。

リスクが高い順に、治療をしていくと言っても良いでしょう。一回虫歯だと診断されると、一回の治療では、削り、次回削った部分に詰め物をしてかぶせるなどの治療を行うので、定期的に予約をとって、治療をしなくてはいけません。なので、虫歯になる前に、正しい方法で、毎日歯磨きをするということが大切になってくるのです。正しい歯磨きの仕方も、一般歯科で教えてくれるので、是非正しい磨き方を身に付けるようにしましょう。


あとは、歯石もできれば一ヶ月に1回や、三ヶ月に1回とっておくと、つるつるの気持ちの良い歯でいることができます。口臭が気になる場合、虫歯か歯石が原因になっていることがあるので、一般歯科で歯科医師に診てもらうことが大切です。このように、歯医者の中でも一般歯科では、虫歯の治療はもちろんのこと、定期健診、歯石除去、歯磨き指導も行っています。