歯医者の保険診療

ホームへ戻る >  歯科医院のメンテナンス保障  > 歯医者の保険診療

歯医者の保険診療歯医者の治療の中には、保険診療となる治療もたくさんあります。保険診療になった場合、費用負担を軽減することができます。保険診療になった場合、原則として患者の負担は、3割負担となります。このため、それほど高い費用を請求されることは少ないと言えます。ちなみに保険診療ですが、歯の機能を回復して、食べ物を噛むことができるような状態に改善をすることが目的の治療に対して適応されます。


保険診療を使って、歯医者で治療をすれば、費用を安く抑えることはできます。しかし一方で、デメリットもあることを理解しておきましょう。例えば、詰め物や被せものの材料についてですが、制約が生じます。保険診療で使われる材料ですが、見た目に問題が生じるとか、材質の耐久性に問題があるといった不具合が生じる可能性があります。

保険診療を受けるためには、歯医者に行くときに、保険証の提示をしないといけません。保険証を忘れてしまった場合には、保険診療を受けることができなくなる可能性がありますので、注意しましょう。また歯医者の中には、自由診療だけを専門的に実施している所もあります。この場合、保険診療の範疇でも、全額自己負担になってしまう可能性もあります。


もし保険診療で、極力費用の負担をすることなく治療をしたいのであれば、あらかじめクリニックに対してその旨を伝えるようにしましょう。そうしないと、思わぬ高額の費用請求をされてしまう可能性もあります。