不動産賃貸の用語:ベランダ、バルコニー、ルーフバルコニー、テラス

ホームへ戻る >  電動歯ブラシの人気品  > 不動産賃貸の用語:ベランダ、バルコニー、ルーフバルコニー、テラス

不動産や賃貸物件を探すとき、それまでにあまり不動産を扱ったことのない方なら、知らない言葉を多く耳にすることでしょう。また、知っているはずの言葉でも、実際に不動産や賃貸の物件を見て行くなかでは、言葉の定義をはっきり知っておいたほうが良いものもあります。


ここでは、用語のひとつ、バルコニーやベランダの違いについて紹介しましょう。 ベランダもバルコニーも同じでは?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、これらの定義は異なります。まずベランダは、屋根のある外に張り出した縁のことで、バルコニーは屋根のない外に張り出した縁のことになります。この違いは大きな違いですよね?

ベランダの場合は雨の日でも選択を干すことができますが、バルコニーの場合は実質的に不可能です。さらに、ルーフバルコニーは、バルコニーのなかでも比較的広い面積を持つもので、主に下層階の屋根がそのままバルコニーとして使われることが多いです。面積が広いので、そこでバーベキューを楽しんだりすることも可能です。さらに、テラスとは建物の一階部分から突き出して作られているスペースのことで、テーブルを置いたり、洗濯物干しを置いたりして利用することが多いです。

このように、その言葉によって示しているものが全く異なります。賃貸を探すときには、こうした言葉を正確に知っておくことによって物件のイメージがはっきりしやすくなってきますので、気を付けたいですね。