動産賃貸探しのコツ:何件くらい見て回る?

ホームへ戻る >  電動歯ブラシの人気品  > 動産賃貸探しのコツ:何件くらい見て回る?

不動産や賃貸を探すコツとは何でしょうか?投資用の不動産を探すときにも、自分が住む賃貸を探すときにも、物件の下見や見学は欠かせませんよね。百聞は一見にしかずといいますが、それは不動産にも当てはまることです。ここでは、主に賃貸を借りるときに、何件ぐらい見て判断するべきかを考えてみましょう。


結論からいえば、絶対に物件は下見したほうがいいので、最低の件数は1件(0件で決めてしまうのはオススメできません)。そして、最高の件数に関しては、人によっては不動産屋さんに悪いという理由でたくさん見ることを躊躇してしまうこともあるかもしれません。ですが、基本的には何件見て回ってもOKですし、納得のいく物件が見つかるまで付き合うのが不動産屋の仕事といえますので、遠慮せずに気のすむまで下見を重ねましょう。

目安としては、急いでいる方でも3件程度は見ておいたほうが、そのエリアでの相場や設備の定番的なところが理解できるので、おすすめです。余裕がある方はしっかりと時間を取っていくつも見比べていると、掘り出し物の物件に出会えるかもしれません。

気を付けたいこととしては、予算をしっかりと定めておき、上限以上の物件はどれだけ進められても見ないこと。


家賃と住み心地はやはり直結しているものですので、高い部屋は魅力的です。見てしまうことで、どうしてもあきらめられなくなることもありますので、その点は十分に注意したいポイントですね。