自然素材の注文住宅とF☆☆☆☆

ホームへ戻る >  注文住宅のどこに自然素材を使うか  > 自然素材の注文住宅とF☆☆☆☆

自然素材の注文住宅に見積を依頼する時に、家づくりのきっかけがシックハウス症候群の発症だという方も居ます。シックハウス症候群の怖いところは、一旦被ばくしてしまうとそれからエンドレスでアレルギー症状に悩まされなければいけないところで、これは他のアレルギーも含めて何らかの刺激に苦しむ人であれば、身に覚えのある悩みではないでしょうか。アトピーなどに子供の頃悩まされた人は多いですが、そういった方も自然素材で作られた注文住宅に住み、子供が発症しないようコントロールするという事があるようです。


シックハウス症候群の主たる原因はホルムアルデヒドと言われています。これは粗悪な建材に入っているものの為、家づくりをする時に発散で心身に害を及ぼさないよう、発散量に規定が設けられています。

F☆☆☆☆という表記は、その基準を満たした建材を使っている事の表れで、「フォースター」と読みます。これは日本の規制なので、海外の建材などには適用されていないところが確認すべきポイントです。


せっかく注文住宅を自然素材で作っても、家具でF☆☆☆☆を取得しているメーカーは稀ですし、もともと心配のない木工系の家具メーカーはわざわざ等級を確認しません。つまり建材がクリアでも家具で基準外のものを使えば意味がなくなるわけです。家づくりの神髄として、出来るだけ安普請の考え方を頭からなくし、自分が住みたい空間を出来るだけ贅沢なものとして思い浮かべましょう。