自然素材を使った注文住宅の留意点

ホームへ戻る >  注文住宅のどこに自然素材を使うか  > 自然素材を使った注文住宅の留意点

自然素材と聞いて思い浮かべるものは、木だという人はとても多いです。確かに一番身近で、注文住宅の構造材にも使われ、仕上げ材にも使われ、床材にはフローリングといったかたちで導入され…と思い浮かべると、人間の家づくりは木なしには行えません。これは幾らコンクリートのモダンな住宅が人気を博しても、注文住宅以外の契約方法の不動産が増えても同じことです。林業にささえられて家づくりをしているのが、日本のハウスメーカーです。



自然素材を使った住宅は、だから原点に返りたいという顧客に大変人気があります。日本人であればヒノキ風呂の良さを聞いたり、旅館などで入ったりして感じた事があります。その時の至福の感覚をずっと覚えていて、自分がいざ注文住宅を建てるという時に、同じようなしつらいを求める人も居ます。

ヒノキぶろに限らず、青々とした畳のいいにおいや、漆喰の冷たいようで暖かい肌触りなどにひかれる人は多いです。


住宅づくりで大切なのは、担当営業との相性に左右されず住まいを作る事を進めていく意思です。というと身もふたもないのですが、最終的に入居して永の年月そこで過ごしていくのは、ほかならぬ建てぬしの為、出来るだけ早い段階で自分の意志を固めて打合せ毎に現場への確認を行う事が大切です。自然素材は色々あるため、調べて気に入ったものがあればなおの事、時には担当者に調べてもらったりしながら、積極的に家づくりを進めていきましょう。