注文住宅リフォームと寝室

ホームへ戻る >  注文住宅のどこに自然素材を使うか  > 注文住宅リフォームと寝室

寝室をリフォームする場合、スムーズに入眠しやすい環境を作ると注文住宅をカスタマイズしている実感が湧きます。新築の注文住宅でもホテルのような寝室はとても人気がありますが、同じような雰囲気にするには間接照明を取り入れたり、通常の一間サイズのクローゼットを拡張して扉なしのウォークインクローゼットにするなど、様々な方法があります。入眠障害や夜中に目が覚めてしまうという事が多い方の場合、旅先のような優雅な雰囲気を楽しめるホテルライクな寝室リフォームは効果的でしょう。


注文住宅設計時も間接照明を使用したいと考える施主は多く、わざわざ設計しなくても器具を取り付けるだけで手軽に雰囲気を楽しめるものもあります。


大掛かりな間接照明は棚を設計し、直管ランプを設置しますが、この施工をリフォームで行うと慣れない業者の場合、角度によってランプが丸見えになってしまうことがあります。その点、予めランプを隠すように設計された間接照明器具は見栄えがよく、取付けも配線のみとなりますので簡単です。


照明器具を変更した後、壁の反射率が変わるとより落ち着きのあるしっとりとした寝室をつくりだせます。ベッドのヘッドボードが配置される壁を一面暗色にしたり、天井を思い切った深みのある色や板張りにするなど、光を緩和してリラックスする方法は沢山あります。イメージにあった写真を雑誌などから切り抜き、提案を受ける際施工業者に提示すると、より的確に良い寝室作りを行えます。