木造の注文住宅の耐震性と相場

ホームへ戻る >  広島市の注文住宅の相場  > 木造の注文住宅の耐震性と相場

注文住宅にはいろいろな工法があります。その中で木造は相場が一番安くなっています。鉄骨の家と比較したら600万円から900万円近くの相違があります(この差は地域によって違います)。安い相場は家を建てる人にとっては歓迎すべきことですが、やはり気になるのは安全性です。日本は地震大国です。いつ大きな地震が起こるかわかりません。相場の安い木造の家を建てても地震で倒壊してしまったら、最終的に損害を被ることになります。木造の注文住宅の耐震性はどうなっているのでしょうか。


木造の注文住宅の相場が安いからと言って、耐震性が低いわけではありません。最近の木造住宅のメーカーは、強い地震に耐えられる家を建てる方法をいろいろと生み出しています。例えば、床根太材をなくした「ネダレス工法」を使ったり、床面が水平に動く力を強化した家が作られています。さらに耐力壁を合板で施工した工法もあります。鉄骨造やRC


造に比べたら耐震性は弱いことは事実ですが、地震によって簡単に倒壊してしまうような造りではありません。


地震が少ない地域や大きな地震が起こる可能性が低い地域にお住いの場合は、木造の注文住宅を建てるのも一つの方法です。注文住宅の通常の相場より安いのが一番の魅力ですし、木の家には鉄骨の家にない温もりがあります。中国地方や九州地方なら木造の注文住宅は1000万円台で立てることが可能です。土地の値段もそれほど高くないので、総額で2000万円台に抑えることも可能でしょう。