高齢者対応の注文住宅リフォーム

ホームへ戻る >  広島市の注文住宅の相場  > 高齢者対応の注文住宅リフォーム

後期高齢者が社会の大半を占めると、注文住宅のリフォーム工事についても介護を意識した計画がとても重要になります。また、介護リフォームについては助成金もある為、そういった手続きに詳しいリフォーム会社を選ぶことが資金計画の上で大切になってきます。これは新築で注文住宅を施工する時と大きく違う点と言えます。


バリアフリーなどは敷居を出来るだけなくしたり、開口のサイズを変える事によってなんとなくプランニング出来る部分ですが、何が助成されるのかという部分は介護専門職の方に聞いた上で、工事店にも助成金利用の意志がある事を伝えると確実でしょう。


手すりやバリアフリー建具など以外にも、住宅設備機器メーカー各社が高齢者向けの商品を開発しています。注文住宅新築時にも二世帯の住居などになる場合、導入を検討すると有意義です。

例えば、従来のガスコンロではなくクッキングヒーターを使用したキッチンや、車椅子でもスムーズに使えるタイプの洗面化粧台などです。


高齢者向けにリフォームするにあたって重要なのは、他に照明計画があります。


LED照明全盛となり、一度器具を導入すれば10年間ランプを交換する必要もなくなりました。高齢者にとってランプ交換はかなり負担になる部分の為、既存の住まいが電球や蛍光灯の場合、思い切って器具ごと変更しても良いでしょう。他に足元灯や常夜灯の設置、一回り明るさ感の多い器具の導入が有意義です。高齢者にとっては安心して住める住まいが良い住まいです。