がんの原因

ホームへ戻る >  広島市の注文住宅の相場  > がんの原因

がんは何が原因でかかってしまう病気なのでしょうか?生活習慣病といわれるように普段のなにげない生活から生み出される病気です。今回、がんにならない為にどのような生活を送ればいいか、その原点を探っていきます。


TVとかで見たことがある方はある程度わかっていると思いますが、とにかくがん細胞は黒くひずんだ細胞もあれば、茶色く濁った細胞もある。はたまた白く固まった細胞もある。要はもともと私たちの中にある正常な細胞が突然変異し、増殖して起こってしまう病気なのです。では、一体何が普通の細胞を突然変異させてしまうのでしょうか?


がんになる原因は、無理をして交感神経の緊張状態が続いていることから起こりうる病気といわれています。その状態が続いていると血管収縮が頻繁に起こって血流が悪くなります。血流が悪くなると各細胞にきちんと栄養がいきわたらなくなり、細胞が突然変異を起こしやすい状態になるというわけです。

怒るという行為も交感神経の緊張状態を示します。最終的には粘膜の破綻が起こって、胃潰瘍、大腸炎、クローン病などの病気を引き起こします。また「がんは遺伝する」という言葉を耳にしますが、患者を家族に持っている人はどうしても生活習慣が一致してきますので、掛かりやすい環境にあるといえるのです。


最近の日本人の食生活は塩分と食物繊維が多く、脂肪の少ない和食から、高脂肪で髙カロリーの洋食に変わりつつあります。日常生活に気をつければ、ある程度自分で予防、防ぐことが出来ます。バランスの取れた食事は効果的です。